2018年09月18日

全く新しいコラーゲンのサプリメントのご案内

   このたび、私岩附のHarvard大学の共同研究者のDr.Laが、長年かけて開発した、“Bone & Joint 8”を販売することになりました。

 この全く新しい、サプリメントは、従来のものとは大きく異なり3か月という短期間に、一定の効果が期待できるユニークなものです。 “Bone & Joint 8”は、膝の痛み、肩の痛み、背骨の痛みなど骨の周囲のいろいろなトラブルに効果があらわれるサプリメントです。カプセル状になっていて、一つのボトルに60個入っています。通常3か月飲んでいただくことを薦めています。

 “Bone & Joint 8”は、ナノテクノロジーを駆使した、新しい製法で製作しています。そのため、一般のサプリメントと比べると、価格的にはかなり高額な商品となります。すでに、日本人の方々が、直接製造元へ行き“Bone & Joint 8”を購入されていて、その効果は次々と証明されています。 

その方たちを含めて、安定的にこの“Bone & Joint 8”を供給するために、販売の許可を取得しました。

 通常、1ボトル当たり11,000円(税別)ですが、3ヶ月分を一括で購入していただくと、33,000円(税別)のところ30,000円(税別)に割引いたします。お支払は代金引換となります。(ヤマト運輸)

 製造元:T-Harvest Inc,   販売元:㈱クオリア

なお、パッケージは子どもさんが、服用しないように、安全ふた、になっております。始めに開封されるときには、手のひらで、上のふたを下へ強く押してから、回転させていただくと簡単に開封できます。

皆様とその近親の方たちが、骨に関連した苦痛から解放されて、楽しい毎日が過ごせますようにお祈りいたしております。

なお、詳しいことは理事長岩附にお問い合わせください。




NEW!!



2018年07月02日
理事長ブログ 「Follow your heart」

“人はみな問題をかかえ、平然と生きています”

 しかし、もしその問題を解決しようと取り組み、取り除くことができたら、そこに新しい人生が待っています。私たちに、みなさんの持つ問題解決のお手伝いをさせてください。私たちの担当する「口腔分野」のみでは、その問題を解決できない場合はどの科の何という先生に相談されたらよいかをアドバイスいたします。

 私たちは自分の持っている問題を解決しようとする方たちの味方です。わからないことがあればご相談ください。そうした相談は無料です。ただし、レントゲンなどが必要な場合は個別に負担が発生します。ひとりでも多くの方たちが、その方の望む人生に近づけることを、私たちはサポートします。



2018年07月02日
理事長ブログ 「ボストン大学で出会った忘れられない家族」

 ボストン大学では、主として遺伝的な病気で、骨の発育に問題のある子どもたちの矯正治療を担当していました。今でも忘れられない家族がいます。

 患者さんはK君10才、住んでいるのはメイン州、ボストンまで車で10時間かかります。K君のために父親は長い道のりを一人で運転してきます。朝の5時ころにボストン大学の駐車場に着いて数時間仮眠をとるそうです。つまり、前日の夕方6時ごろ、妻とK君とK君の姉を乗せて、親子4人でボストンを目指すのです。まさか10代の姉を一人家に残しておくわけにもいかず、K君の矯正治療のために一家全員がボストンまでの長い道のりを連れ添うのでした。

 私の上司のカパーラ教授はステキなジェントルマンでした。K君は口唇口蓋裂でうまく発音ができません。外国人の私にはK君の話す英語は全く理解できませんでした。ただ一人、カパーラ先生だけがK君とスムーズなコミュニケーションをとることができました。これは、とても重要なことです。K君がカパーラ先生を信頼しないとこの治療は成り立ちません。私はこのカパーラ先生から大変多くのことを学びました。

 つらい治療のために、わざわざ多くの時間をさいて来る家族のサポートがなければ、K君に適切な治療をしてあげられません。日本の歯科事情を知っている私には大きな驚きでした。特に長い道のりを運転してきたお父さんの物静かな様子が胸にささりました。実は、K君の母親も口唇裂の手術の跡がありました。
この父親はそのリスクを知って結婚し、その結果をすべて引き受けたのです。私はこの父親の覚悟に魅了されました。こんな優しい父親がいるのだ。全てを引き受け、それに真正面から対応する勇気を持ったすごい人物だと思いました。良いことがあるのは誰でもうれしい。でも、悲しいことに対応するのは簡単ではありません。それをこのお父さんは平然と見事にやっています。ごくあたりまえのことのように、遺伝病の息子を受け入れ、その治療に多くの時間を割くこともいとわない。
私は自問自答しました。「お前にこれができるか?」

 この家族が治療に来たとき、クリニックにいた全員が大きな刺激を受けました。自分たちに課せられた使命を再認識した瞬間と言ってよいかもしれません。
私はこうした体験を生かして、大きな問題はないけれど、骨の発育が不充分な子どもさんたちに、より正常に近い成長をうながす治療を心がけています。



2018年06月29日
ホームページをリニューアルしました。