矯正歯科

tel_sp.png

当クリニックは痛くない「機能的矯正」を行っています。

機能的矯正とは?

機能的矯正は噛む力や舌の力を使って、歯とあごに働きかる方法です。
呼吸や姿勢を改善し、あごの骨のすこやかな成長を促し、人間本来の成長発育にする治療法です。

治療の第一段階は1日の睡眠時間を使って、取り外しのきく機能的矯正装置を装着し、あごを拡げることによって無理な噛み合わせから解放します。
3歳から可能な矯正です。

機能矯正の特徴

1痛くない

2歯を抜かない

3口呼吸改善

4基本的に装置の使用は就寝時

5治療後の顔が自然になる

6発育バランスに重点を置く

7上下の歯が一緒に治る

8虫歯になりにくい

9治療後の後戻りがない

10食事の時には外せるので、なんでも食べられる

 

「まだ見ぬ顔を治す」お子様の矯正について。

お子様の矯正

矯正は何歳からでも始めることができます。しかし、成人すると顎がしっかりし、お子様の時と比べると矯正に時間がかかる場合があります。
お子様の矯正をお考えなら、乳歯が永久歯に生え換わる前をお勧めいたします。
さまざまな要因により、曲がって生える前に治療を開始するという考え方です。
あごの骨に働きかけ、より好ましい顔の形へと導きます。
これが「まだ見ぬ顔を治す早期矯正」です。

顔の骨格は、気道が狭いなど見えない障害によっても変化します。
診断で使用するセファロレントゲンは、そのような障害も写し出します。
最近、アデノイド顔貌と見られる子どもが多くいます。
これは、口をぽかんと開けている、唇がぽってりしていている、鼻がふくらんでいる、涙目、姿勢がだらしないなどの共通項があり、決まって口で呼吸をしています。

口呼吸が要因の扁桃肥大は、十分な眠りをさまたげ、子どもの睡眠時無呼吸症候群などを引き起こす原因にもなります。
脳の中の記憶をつかさどる海馬に空気がいかず、結果、成長障害、ADHD、学習障害、おねしょ、高血圧などの症状が出る可能性があります。

あごの位置が上下でずれていて、顔が左右非対称のお子さん。
当クリニックの矯正は3歳から可能です。ご相談ください。

アレルギーと歯並び

歯並びが呼吸と大きな関係があることは前述してきた通りです。
では、なぜ、口呼吸をするようになるのかといえば、鼻の後ろにあるアデノイド(咽頭扁桃)などの扁桃肥大が大きく関わってきます。空気の通り道がふさがれてしまうため、鼻呼吸ができなくなってしまうのです。

この症状を持つ多くの子どもが食事のアレルギーを持っています。
特に食べてから3~4週間後に発症する遅延型はわかりにくい症状です。
毎日、特定の食べ物(牛や卵など)を大量にとることは止めた方がいいでしょう。
アレルギーになりにくい体質をつくることが大切です。

矯正をご検討の方へトーユー歯科クリニック矯正歯科専門サイトトーユー歯科クリニック口コミ情報料金表
TEL:042-586-1250