詰めもの・被せものの
素材による違いとは

tel_sp.png

詰めもの・被せもの 素材による違いとは

あなたが一番欲しいのは、美しさですか?それとも健康ですか?

あなたの身体にとって一番良いのは、天然歯。これは疑いようもない事実。しかし、残念ながら虫歯などでかぶせ物をしないといけなくなった場合。あなたは、何を一番に考えますか?

美しさでいえば、見た目が天然の歯とそっくりな白い被せもの。セラミックジルコニアといった白い被せものが今はとても人気です。ただし、保険がきかず、自由診療となってしまいます。口の中に金属の被せものが多少入っていても、そんなに身体に影響がないだろう。おそらくそう思われる方がほとんどでしょう。

保険で使用される金属は、おもに金銀パラジウム合金ですが、では、なぜドイツやスウェーデンでは、保健省が歯科業界に対して「幼児及び妊婦に、銅を含有するパラジウム合金と、水銀・銀アマルガム合金を使用しない」という勧告を行なったのでしょうか?

口の中に入れる金属の被せものが健康に影響を与える理由

ガルバニック電流という言葉があります。異種金属が触れ合うことによって発生し、唾液で伝導性の高い口の中では1種類の金属でも発生します。これはお聞きになられたことがある方は少ないと思います。少し専門的な内容ですので、先に問題から言うと、口の中の金属は全身に弊害をもたらす可能性があります。


もし、内科や皮膚科で治らないような症状(頭痛、めまい、不眠、アレルギー、リウマチ、アトピー性皮膚炎など)がある場合は口の中の金属が原因である可能性があります。
なぜ全身に及ぶリスクにつながるか?

なぜ全身に及ぶリスクに繋がるのか?

脳は微弱な電流によって身体をコントロールしていることはご存知かと思います。人体は良導体であり、しかも口の中は脳に近いのでガルバニック電流が発生すると、脳に雷が落ちた様に脳からの指令が、停電時の様に混乱してしまいます。ちょうど精密機械が妨害電波で誤作動、フリーズするのと似ています。身体としては、一時的なパニック状態です。


つまり、口の中の金属が唾液によって溶け出し、口の中にある金属間で電位差が生じ、《ガルバニック電流》と呼ばれる電流によって、脳が発生する微弱電流(脳波)を乱し、不眠、イライラなどを引起こし、自律神経のバランスを崩してしまうのです。
その結果、体の疲れ、不眠、イライラといった神経症状を起こします。ほとんどの方がガルバニック電流が原因とわからないまま自律神経失調症と診断され、不快な症状が続いてしまいます。

アマルガム(歯科用金属で水銀を50%含んでいる)の場合、口の中に100ミリボルトの電圧がかかります。人間の神経も電気によって刺激が伝わっていますが、この時の電圧は90ミリボルトです。つまり神経伝達の際に発生する以上の電圧がかかっていることになります。このことが神経、とくに自律神経に影響を与えるのです。


また、金属イオンによるアレルギーの問題もあります。
先ほどと同じように少し専門的になりますが、酸化や磨耗により口の中の金属から唾液中に溶け出した金属イオンは、唾液中のタンパク質と結合して抗原性を持ち、様々なアレルギー現象を引き起こします。

また溶け出した金属イオンが血管内に入り込むと、全身をめぐり、アレルギーを引き起こします。金属アレルギーの検査(リンパ球幼若化試験)では約半数の人に陽性反応が出ます。(金の含有率が上がるほどリスクは下がります)

症状としては、手や足、顔などに湿疹、かぶれ、アトピーの一因などの皮膚症状として発現します。金属イオンが皮膚に沈着する事で、肌の浅黒さ、黒ずみ、シミ、くすみとして出て来ます。今は何ともなくても、ある日突然、アレルギー反応を示す場合が多いので注意が必要です。

口の中に入れる金属が身体の健康に影響することがお分かりいただけたでしょうか?決して見た目の違いだけではないのです。

矯正をご検討の方へトーユー歯科クリニック矯正歯科専門サイトトーユー歯科クリニック口コミ情報料金表
TEL:042-586-1250